パチンコと脳の活動

最近になって、パチンコ依存症・ギャンブル依存症と言う言葉を新聞やニュース雑誌などでよく目にする。依存症とは、その種類がなんであろうと脳の働きと関係があるらしい。脳の分泌物であるセロトニンがもたらす快楽らしい。そもそも、何故こんな事を調べたというと私の彼氏がそのセロトニンやらのせいでパチンコに依存しているのだ。何度もやめよう!と心に決めるが何度となく失敗している。見ていて哀れだ。カウンセリングにも連れて行った。彼曰く、あんなにうるさくてタバコ臭い(彼はタバコを吸わない)のに、何故が心がスーッと落ち着くらしいのだ。パチンコで生活をしている訳ではないので、勝ち負けの問題ではないらしい。勝てないのは分っていてもやめられない。カウンセリングの先生が言うに特に普段からセロトニンの分泌レベルが低い人間は、快楽に依存しやすい傾向があり、当然、パチンコにも人一倍はまりやすいと思われる。だそうだ。彼は一生パチンコから逃れられないのだろうか。不安だ。


パワーストーンは運とはまた別の力を持っています

動画 制作 会社

整体 名古屋 栄 おすすめ

月に2回、自分へのご褒美として秋葉原のメイド喫茶に通っています☆